NLP

目は口ほどにモノを言う

五感には、

・Visual(視覚)

・Auditory(聴覚)

・Kinesthetic(体感覚)

・Olfactory(臭覚)

・Gustatory(味覚)

があり、NLPではこれをVAKOG、KOGはひとくくりにみなしVAKと呼んだりします。

 

「目は口ほどにモノを言う」は有名なことわざですが、

NLPの世界では目の動きを観察することによって

人がどのように情報処理をしているのかを知る手がかりとします。

画像で処理しているのか → Visual(視覚)

音で処理しているのか → Auditory(聴覚)

感覚で処理しているのか → Kinesthetic(体感覚)

そして、観察によって相手の情報処理の傾向を把握します。

 

「ライ・トゥー・ミー 嘘の瞬間」という海外ドラマがあって、

あごをかく、両手を握りしめる、鼻にしわを寄せる、

必要以上につばを飲み込むなどする時、その人は嘘をついていると

微表情学の第一人者の博士が、

嘘をついている人の心の奥底にある秘密までも暴き、

難事件を解決するというドラマがあります。

まずは目の動きを観察するという点では参考になるドラマかもしれません。

海外ドラマが好きな人は作品名で検索してみるといいでしょう。

Lie to me〜ライ・トゥー・ミー 嘘の瞬間〜

 

さて、相手の目を見てどのように情報処理をしているか把握することについては、

ここでは全てについて説明しませんが、例えば、

「セブンイレブンの看板を思い出してください。」と言われた時に、

画像でセブンイレブンの看板をイメージしたのなら、

画像で記憶にアクセスするため、目は左上に動くということになります。

 

また、「中学校の校歌を思い出してください。」と言われた時に、

校歌の歌詞を思い出すのか、実際の歌を思い出すか、

いろいろパターンがあると思いますが、

音で記憶にアクセスした場合には、目は左水平に動くという感じです。

 

このVAKをうまく使えるようになると、

例えば、商談において、

方眼ノートによるロジカルシンキングを展開しながら、

相手が今、どんな情報処理をしているのか把握することができるので、

プレゼン方法を相手に合わせて修正していく

という高度なことも実践できるようになります。

方眼ノートとNLPを組み合わせると、

対人影響力もパワーアップすることができますよ。

 

脳の仕組みがよくわかるメルマガはこちらから

人生を変えるフレームの力ベーシックセミナー(ノート・手帳編)6/17(土)13:00-18:00

人生を変えるフレームの力ベーシックセミナー(ノート・手帳編)6/29(木)13:00-18:00

ピックアップ記事

  1. すごい!3時間で書ける読書感想文教室

関連記事

  1. NLP

    ノートを使って失敗ではなく成功に意識を向ける

    もし、すべての答えが自分の中にあるとしたら、あなたは自分が持っ…

  2. NLP

    セルフイメージの書き換えは人生が大きく動く

    自己認識は英語で、identityと言いますが、NLPの世界で…

  3. NLP

    ノートを使って人間関係を豊かにする

    先日、ノートのトレーナー仲間との飲み会にお誘いいただきました。…

  4. NLP

    成功習慣ができあがる仕組み

    習慣には思考・言動・行動・対人・健康の5つの習慣があって、方眼…

  5. NLP

    人間らしさを取り戻し、人に感動を与える

    私が出会った人生の扉を開く鍵を手渡してくれた7番目の人は、木村…

  6. NLP

    行動が変われば、人生変わる?

    さて、前回は人間が環境に影響されやすいということについてお話しました。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 溝口式バイオリズム

    魔法のランプに出会う
  2. 超結果手帳

    手帳を変える理由
  3. ビジネスモデルデザイン

    新規事業の立ち上げスピードを上げる方法
  4. 溝口式バイオリズム

    人生の選択で迷う時間を捨てるには
  5. 脳科学・潜在意識

    超結果手帳は目標達成よりも素晴らしいものが手に入る
PAGE TOP
error: Content is protected !!