方眼ノート

成績が伸びる子が持っていたある本とは?

・小学校の時に勉強ができて、そのまま成績が伸びる子

・小学校の時に勉強ができたのに、その後伸びない子

・小学校の時は勉強ができなかったのに、その後できるようになる子

・小学校の時は勉強ができなくて、その後もそのままの子

 

なぜ、こういった違いが発生するのでしょうか?

ある方の研究によると、伸びる子にはある共通点が浮かび上がっていました。

 

それは、

「成績が伸びていった子は、幼い頃から図鑑が好きで、よく見ていたのです。」

 

こちらのサイトを見ていただければ、図鑑の種類って本当にたくさんあることがわかります。

https://www.shogakukan.co.jp/pr/neo/

 

では、図鑑を子供に与えるだけでいいのかというと、それだけではいけません。

成績が伸びる子は、お母さんやお父さんが、

「図鑑を使って、子供の好奇心を伸ばすあることをしていたのです。」

 

 

次回は親がその好奇心を伸ばすにはどうすればいいか、その方法をお伝えしますね。

 

子どもの成績がぐんぐん伸びるお母さんのためのノート術

説明会&相談会

10/18(木) 10:30-12:30 幕張

10/30(火) 10:00-12:00 飯田橋

11/22(木) 10:30-12:30 幕張

 

関連記事

  1. 脳科学・潜在意識

    男性脳と女性脳の4つの違い

    1980年代から脳の研究が進んできました。そして男性脳と女性脳…

  2. ビジネスモデルデザイン

    ビジネスアイデアを量産する方法

    ノート術のフレームの威力をお伝えする際に話すことの一つに「片付…

  3. 脳科学・潜在意識

    なぜ、好奇心が子どもの学力をぐんぐん伸ばすのか?

    今回は親が子どもの好奇心を伸ばすにはどうすればいいか、その方法について…

  4. 脳科学・潜在意識

    自分の中の他人と友達になる

    私は転職を8回していますが、転職のタイミングでは必ずといっていいほど、…

  5. 溝口式バイオリズム

    魔法のランプに出会う

    「一体、何を準備すればいいのでしょうか?」「経営について学び、…

  6. NLP

    セルフイメージの書き換えは人生が大きく動く

    自己認識は英語で、identityと言いますが、NLPの世界で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 脳科学・潜在意識

    なぜ、好奇心が子どもの学力をぐんぐん伸ばすのか?
  2. NLP

    成功習慣ができあがる仕組み
  3. ビジネスモデルデザイン

    ビジネスアイデアを量産する方法
  4. ビジネスモデルデザイン

    新規事業アイデアを量産できる6角形のフレームとは
  5. 脳科学・潜在意識

    なぜ図鑑を使うと子どもが賢くなるのか?
PAGE TOP
error: Content is protected !!