脳科学・潜在意識

なぜ図鑑を使うと子どもが賢くなるのか?

前回は、子どもを賢くするための道具としての図鑑についてお伝えしました。

図鑑を与えると賢くなるための3つのスイッチをONにできます。

  1. 好奇心のスイッチ

図鑑には「知りたくなる仕掛け」がふんだんに盛り込まれています。

絵や写真を見ているだけで楽しい、そして、そこに書いてある名前や説明も読みたくなります。

当然、文字への興味も湧いてきます。

 

2. 記憶定着のスイッチ

脳には前頭葉、側頭葉、海馬、扁桃体という部位があります。

前頭葉はパソコンでいうメモリー

→ 一時記憶の場所

側頭量はパソコンでいうハードディスク

→ 大事なものを記憶しておく場所

そして、海馬は記憶の司令塔、扁桃体は、感情が動いた時にプルプルと震えて、海馬に「この情報は大事な情報だよ」と教える役目があります。

子どもが好奇心を持って図鑑を見ると、感情が動いて、扁桃体が海馬に指示を出します。そして、同時に視覚、聴覚が刺激されるので、記憶にも定着しやすいのです。

 

3. 脳の成長のスイッチ

図鑑は絵や写真を見て、名前や説明を読むということで、視覚と聴覚が刺激されます。

子どもが時間を忘れて取り組んでいるもの、好奇心を持っているものがあるなら、それをさせてあげる。

それが脳の成長にはプラスになります。

 

 

 

このブログを読んで、役に立つと感じていただけたら、子どもの才能を伸ばしたいお母さんやお父さんにご紹介ください。

友だち追加

 

子どもの成績がぐんぐん伸びるお母さんのためのノート術説明会&相談会

10/18(木) 10:30-12:30 幕張

10/24(水) 10:30-12:30 千石

10/30(火) 10:00-12:00 飯田橋

11/22(木) 10:30-12:30 幕張

ピックアップ記事

  1. すごい!3時間で書ける読書感想文教室

関連記事

  1. NLP

    ノートを使って失敗ではなく成功に意識を向ける

    もし、すべての答えが自分の中にあるとしたら、あなたは自分が持っ…

  2. 脳科学・潜在意識

    男性脳と女性脳の4つの違い

    1980年代から脳の研究が進んできました。そして男性脳と女性脳…

  3. 溝口式バイオリズム

    魔法のランプに出会う

    「一体、何を準備すればいいのでしょうか?」「経営について学び、…

  4. ビジネスモデルデザイン

    ビジネスアイデアを量産する方法

    ノート術のフレームの威力をお伝えする際に話すことの一つに「片付…

  5. ビジネスモデルデザイン

    ビジネスアイデアが生まれる時間

    「新しいアイデアがないかなあ?」と考えているとします。しかし、…

  6. 脳科学・潜在意識

    超結果手帳は目標達成よりも素晴らしいものが手に入る

    文字通り「結果が出る」ということで、ジワジワとブレイクしている超結果手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 溝口式バイオリズム

    魔法のランプに出会う
  2. 脳科学・潜在意識

    信念を書き換えて人生を動かす
  3. 方眼ノート

    あなたの中に眠っている能力を引き出す方法
  4. 脳科学・潜在意識

    なぜ、好奇心が子どもの学力をぐんぐん伸ばすのか?
  5. 超結果手帳

    手帳を変える理由
PAGE TOP
error: Content is protected !!