脳科学・潜在意識

心をベースにした人間関係を築く

この巻物の監修をしている稲盛和夫さんの前書きには、次のようなことが書かれています。

以下、引用です。

– – – – – – – – – –

37年前私が27歳のとき、今の京セラを7人の仲間たちと一緒に創業しました。しかし、会社を始めたものの、私たちには何の経営知識も経験もお金も設備もありません。

あるのは、ただ私たち仲間の固い心の絆だけでした。そこで、私は人の心をベースにした経営をしようと思いました。お互い信じ合った同志として仕事をしよう。そうすればどんな困難にも打ち勝てるはずだと考えたのです。

そして、心をベースにした人間関係を築くには、素晴らしい心の持ち主に集まってもらえるような素晴らしい心をまず経営者自らがもたねばならないと考え、私自身、「人間とは何か」「いかに生きるべきか」を常づね考えるとともに、「どうすれば自分の心を高めることができるか」を真剣に追求して、社員から信頼されるリーダーとなれるように努めてきました。

また、社員に対しても、信じ合える仲間となるため、心を少しでも高める努力をしてほしいと、機会あるごとに話をしてきました。

確かに人の心ほど、はかなくうつろいやすい頼りないものもありません。しかし、世の中でこれくらい強固で重要なものもないのではなかろうかと思います。

歴史をひもといてみても、人の心がもたらした偉大な業績は枚挙にいとまがありません。また逆に、人心の荒廃が集団の崩壊をもたらした例も数多く見ています。

そうしたなかで、私は人生や仕事の結果というものは、能力・熱意・考え方という3つの要因による方程式で表せることに思い至りました。

それは、「仕事・人生の結果=能力×熱意×考え方」というものです。

– – – – – – – – – –

そしてこの「仕事・人生の結果=能力×熱意×考え方」を図に表すと以下のようになります。

このOSにはメンタルのOSとビジネスのOSがあって、

メンタルのOSインストール → 手帳術を使ってインストール

ビジネスのOSインストール → ノート術を使ってインストール

これが現在私が提供しているコンテンツの原型となる考え方になっています。

そして、パソコン、スマホで何でも済ませる時代ですが、潜在意識の書き換えには、手書きを使います。なぜなら、潜在意識に書き込まれる情報量が多いからです。

人生を変える「フレーム」の力!さあ、人生を創り出そう!

関連記事

  1. NLP

    ノートを使って失敗ではなく成功に意識を向ける

    もし、すべての答えが自分の中にあるとしたら、あなたは自分が持っ…

  2. 脳科学・潜在意識

    あなたは目標を追求するようにできている

    脳のメカニズムは、あなたが今まで生きてきた中で、見たり聞いたり…

  3. NLP

    セルフイメージの書き換えは人生が大きく動く

    自己認識は英語で、identityと言いますが、NLPの世界で…

  4. 脳科学・潜在意識

    超結果手帳は目標達成よりも素晴らしいものが手に入る

    文字通り「結果が出る」ということで、ジワジワとブレイクしている超結果手…

  5. 方眼ノート

    成績が伸びる子が持っていたある本とは?

    ・小学校の時に勉強ができて、そのまま成績が伸びる子・小学校の時…

  6. 脳科学・潜在意識

    自分の中の他人と友達になる

    私は転職を8回していますが、転職のタイミングでは必ずといっていいほど、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ビジネスモデルデザイン

    独自の商品・サービスを作り出すのが得意な人のビジネスモデル
  2. ビジネスモデルデザイン

    ビジネスアイデアを量産する方法
  3. NLP

    目は口ほどにモノを言う
  4. 脳科学・潜在意識

    なぜ、好奇心が子どもの学力をぐんぐん伸ばすのか?
  5. NLP

    人間らしさを取り戻し、人に感動を与える
PAGE TOP
error: Content is protected !!