読書感想文

すごい!3時間で書ける読書感想文教室

子どもの能力のフタを開く「読書感想文教室」で、子どもの脳をバージョンアップ!

親子で参加して、あなたのお子さんの明るい未来を手に入れる期間限定のイベントです。

お申し込みに関する問い合わせ

電話 090-1037-9686 三浦まで

メールでの問い合わせはこちらから

あなたのお子さんと関係の深い「教育の世界の2020年問題」知ってますか?

「大学入試センター試験」は2020年1月を最後に、翌年から新テストが実施されるのをご存知ですか。なぜ、テストが新しくなるのか?それは、今までの「暗記力」を鍛える教育から、「考える力」を鍛える教育に大きくシフトするからです。

すでに各都道府県の高校入試問題は、2020年からの大学入試改革を見据え、変化が始まっています。

具体的に何が変わるの?

① 国語と数学で「記述式」の導入

国語で記述する文字の量は120字程度で、「論理性」「情報編集して制限字数内でまとめる能力」が問われます。

数学では、図表やグラフなどから考えたことを数式で表現したり、解答までの過程を書き表すことが求められます。つまり、今より「高度な思考力・読解力」が問われるのです。

② 英語で4つの力を評価

従来のセンター試験では、「読む」「聴く」の2つのみでした。ところが、新テストでは「読む」「聴く」「話す」「書く」の4つを評価します。

インプットでの「読む」「聴く」だけでなく、アウトプットする「話す」「書く」といった訓練を積む必要が出てきます。

子どもに「書く力」「話す力」をつける3つのステップ

ステップ1 文章を書く楽しさを体感する

文章を書くのが子どもの書く力を高めるとわかっていても、子どもが文章を書くのが「むずかしい」「楽しくない」と思っていたら、一向に問題は解決しません。まずは文章の楽しさを体感する必要があります。

読書感想文教室に参加すると、「ママ、書けたよ!」「スラスラ書けた!」と口に出すことで、文章が書けないという思い込みが解放され、文章は簡単に書けるという自信を手に入れることができます。

ステップ2 定期的に読書感想文を書く

文章を書く楽しさを体感できたら、次はお母さん、お父さんが月に1回でいいので、子供が読書感想文を書く場を作りましょう。その時には読書感想文教室で学ぶ「マジックシートの使い方」を繰り返し教えてください。

ステップ3 アウトプットする習慣をつける

子どもが読書感想文教室で学ぶ「マジックシートの使い方」を覚えたら、あとは子どもが1人で読書をし、文章を書くというアウトプットの習慣を定着させましょう。もちろん、親子一緒にするのがなお良いです。

すごい!3時間で書ける読書感想文教室とは?

小学生が、わずか3時間で、夏休みの読書感想文が仕上がり、作文嫌いから解放され、文章がスラスラ書ける力と文章が簡単に書けるという自信を手に入れることができます。

昨年までに参加された全国の子供たちが、
「作文って嫌い!」から
「スラスラ書けた!」「作文って楽しい!」という声を会場で発しています。

なぜ、3時間でスラスラ書けるようになるの?

子どもが文章を書けないのは、「子供の才能」と関係がありません。「頭が悪い」「遺伝である」「能力がない」一切関係ありません。

なぜ文章を書けないかというと、文章を書くコツを知らないだけです。原因は、“いきなり原稿用紙に向かう”ことなのです。

文章が簡単に書ける3つのステップ

STEP1 単なる読書ではなく「作文を書くために読む」のポイントが手に入る

STEP2 読書感想文が書ける魔法の1枚=マジックシートが手に入る

STEP3 マジックシートを見ながら書くので、ラクラク書ける

そう!文章を書く秘訣は、「正しい順番」にあるのです。そして、作文嫌いのお子さんでも、3ステップでパズルをはめるようにすれば、みるみる作文が書けます!

昨年の作文コンクールの結果

「金賞」受賞(つくば市中1女子、校内大会で金賞)

「銀賞」受賞(渋谷区小2男子、渋谷区で銀賞)

「特選」受賞(倉敷市小2女子、倉敷市で特選)

お申し込みに関する問い合わせ

電話 090-1037-9686 三浦まで

メールでの問い合わせはこちらから

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ビジネスモデルデザイン

    あなたの代わりに私が売ります!
  2. 脳科学・潜在意識

    あなたは目標を追求するようにできている
  3. 溝口式バイオリズム

    子供の才能を知るためのアイデア
  4. 読書感想文

    すごい!3時間で書ける読書感想文教室
  5. 溝口式バイオリズム

    魔法のランプに出会う
PAGE TOP
error: Content is protected !!