脳科学・潜在意識

なぜ、好奇心が子どもの学力をぐんぐん伸ばすのか?

今回は親が子どもの好奇心を伸ばすにはどうすればいいか、その方法についてお話します。

それは、図鑑で得たバーチャル(仮想)の知識とリアル(現実)の体験を結びつけてあげるのです。

男の子が乗り物図鑑で電車に興味を持ったら、実物を見に駅まで連れて行く。

恐竜に興味を持ったら、恐竜展に連れて行く。

女の子が花を見つけたら、図鑑でその花を探す。

動物園で動物を見たら、図鑑でその動物を探す。

 

こうやってバーチャル(仮想)の知識とリアル(現実)の体験を結びつけると、

子どものワクワクは止まらなくなり、わかるおもしろさによって脳に成長をもたらします。

 

「でも、うちの子はもう大きくなってるし、ゲームばかりやってますけど、手遅れでしょうか?」

そんな場合でも、アイデアがあります。

例えば、歴史物のゲームをさせるのです。

歴史物のゲームをバーチャルでやって、実際に城を見に行く。

こうやって歴史の成績が上がった中学生もいます。

 

親が子どもが関心を持ったバーチャル(仮想)の知識とリアル(現実)の体験を結びつける工夫をすれば、

「勉強のために努力している」という意識が、

「知ること、わかることが楽しくて仕方がない」

に変わり、努力しているという意識が全く無くなります。

 

好奇心は、それくらい子どもを変える力があるのです。もちろん、大人の好奇心も同じです。

 

このブログを読んで、役に立つと感じていただけたら、

子どもの才能を伸ばしたいお母さんやお父さんにご紹介ください。

LINE@子どもの成績がぐんぐん伸びるお母さんためのノート術

 

子どもの成績がぐんぐん伸びるお母さんのためのノート術

説明会&相談会

10/18(木) 10:30-12:30 幕張

10/24(水) 10:30-12:30 千石

10/30(火) 10:00-12:00 飯田橋

11/22(木) 10:30-12:30 幕張

 

ピックアップ記事

  1. すごい!3時間で書ける読書感想文教室

関連記事

  1. 脳科学・潜在意識

    なぜ図鑑を使うと子どもが賢くなるのか?

    前回は、子どもを賢くするための道具としての図鑑についてお伝えしました。…

  2. ビジネスモデルデザイン

    ビジネスアイデアを量産する方法

    ノート術のフレームの威力をお伝えする際に話すことの一つに「片付…

  3. NLP

    ノートを使って失敗ではなく成功に意識を向ける

    もし、すべての答えが自分の中にあるとしたら、あなたは自分が持っ…

  4. 脳科学・潜在意識

    超結果手帳は目標達成よりも素晴らしいものが手に入る

    文字通り「結果が出る」ということで、ジワジワとブレイクしている超結果手…

  5. ビジネスモデルデザイン

    ビジネスアイデアが生まれる時間

    「新しいアイデアがないかなあ?」と考えているとします。しかし、…

  6. 脳科学・潜在意識

    信念を書き換えて人生を動かす

    信念は、Belief(ビリーフ)。「正しいと信じている自分の考…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 溝口式バイオリズム

    溝口式バイオリズム「タイミング」 「人間関係」 「才能」3つの切り口
  2. NLP

    目は口ほどにモノを言う
  3. ビジネスモデルデザイン

    新規事業の立ち上げスピードを上げる方法
  4. 読書感想文

    すごい!3時間で書ける読書感想文教室
  5. ビジネスモデルデザイン

    あなたの代わりに私が売ります!
PAGE TOP
error: Content is protected !!